日暮れ時 美しい玉簾を巻き上げれば 雨に煙る西山が眺められたことだろう ふんわり空に浮かぶ雲 静かな水面に映る景色 繰り

  • 専修寺(真岡市 高田山) - 神社仏閣御朱印地図
  • Kanripo 漢籍リポジトリ : KR4j0074 御選歷代詩餘-清-聖祖玄燁
  • SAT DB - 東京大学
  • 専修寺(真岡市 高田山) - 神社仏閣御朱印地図

    専修寺は栃木県真岡市高田1482の真宗高田派寺院。 1225年(嘉禄元)に親鸞上人53歳の時、真岡城主大内氏の懇請により建立された。親鸞上人が創建した唯一の寺で、浄土真宗発祥の根本大道場として知られる。 霜風 見るを庶(ねが)えど 来たるは幾時ぞ 霜風来たる時 雨 瀉(そそ)ぐが如く 杷頭(はとう)は菌(きのこ)を出し 鎌は衣(こけ)を生ず 眼枯れ 涙尽きて 雨は尽きず 見るに忍びんや 黄穂の青泥に臥するを

    石井梧岡 1847-1904 - jp

    Back(2012.9.18 up). 石井梧岡 【弘化4年7月27日(1847)-明治37年5月29(1904)】 名を彭、字を鏗期、希腎、通称は栄三、梧岡は号である。父は石井隆庵といひ、西洋医学黎明期の医制改革にも関った尾張藩医の家柄。 其の地に宮居を興して同棲し給へり此の時雲の立ち騰るを 見そなわして尊の詠み給へる歌 八雲起つ出雲八重垣妻ごみに八重垣作る其の八重垣を この三十一文字の御歌はわが國和歌の祖とも祖と称へて 古今和歌集の序にも「この歌天地の開け始まりける時より 』時長者子逼急窮極,謂其賊 言:『無過於子,子橫牽吾閉在刑獄;今欲小起 反不相從乎?設不共繫終不相報。吾假相犯 卿便說之,以當省過而謝其罪。』時賊答曰:『子 實無過吾橫相牽。卿眷屬多,欲自免罪,不 見考治蒙得飲食故相枉耳!

    Kanripo 漢籍リポジトリ : KR4j0074 御選歷代詩餘-清-聖祖玄燁

    [060-1a] 欽定四庫全書 御選歴代詩餘巻六十目録 九十/五字 滿庭芳 上體又/一 宋徽宗 晏幾道 蘇軾 六首/ 黄庭堅 四首/ 秦觀 四首/ [060-1b] 晁補之 五首/ 陳師道 李之儀 二首/ 毛滂 二首/ 舒亶 三首/ 趙令畤 米芾 葛勝仲 [060-2a] 周紫芝 三首/ 葛郯 四首/ 周邦彥 四首/ 晁端禮 四首/ 沈㑹宗 二首/ 陳瓘 向子諲 二 ... 行時脚跟不著地。坐時心識似風飄。乃頌曰。 秋高月色連雲白。澹泊禪心滋味長。歷歷分明今古 意。何須特地更商量。 靈犀翫月璨含輝。木馬遊春駿不覊。眉底一雙寒碧 眼。看經那得透牛皮。明白心超曠劫。英雄力破重圍。 妙圓樞口轉靈機。寒山忘却來時路。

    片埜神社(河内国一宮 かたのじんじゃ) - 神社仏閣御朱印地図

    に帰るまでに、自分もお宮参りの時からお世話になっている「片埜神社」へ。 子供達も皆ココでお宮参りしているので「ただいまー」とご挨拶。 初めて、片埜神社に御朱印があると知り頂く 大阪城の鬼門に当たる場所に作られたからこ [001-1a] 宋林和靖先生詩集卷之一 五言律詩 湖楼晩望 湖水混空碧慿䦨凝睇勞夕寒山翠重秋凈鳥行髙 逺意極千里浮生輕一毫叢林数未遍杳靄隔漁舠 秋日西湖閒泛 水氣并山影蒼茫已作秋林深喜見寺岸静惜移舟 踈葦先寒折殘虹帶夕收吾廬在何䖏㱕興 漁謳 上湖閒泛艤舟石凾因過下湖小墅 平皋望不極雲𣗳 ...

    環縣古城知多少,原來環縣有這麼多! - 每日頭條

    靈武台沿東北一帶古城遺址修築年代不詳,( 疑為義渠戍國時所築) 大部分遺址完好。另外在西灘有三段長約二百米城牆體存在。 據考證, 畜牧局北邊一小段為隋唐代所築,南邊兩段為宋元時所築。 燕塞重來感鬢絲斜陽衰柳動春姿嚴城擁節懐親日古寺桃燈哭弟時 〈 時聞弟炘之變 〉 父老有情相慰藉雲山無恙但淒其驅車愧作觀風使勉和龍泉一首詩 從寺僧借楞嚴經 經時俗韻得針砭白板禪扉月影纖三尺文書且高閣却從老衲借楞嚴 龍山寺

    韋江州集 (四部叢刊本)/卷第八 - 维基文库,自由的图书馆

    仲春時景好草木漸舒榮公門且無事微雨園林清決 ... 結髪屢辭秩立身本踈慢今得罷守歸幸無世欲患棲 止且偏僻嬉遊無早晏逐兎上坡岡捕魚縁赤澗高歌 ... 立馬蓮塘吹横笛微風動柳生水波北人聽罷淚將落 る時は人を 奪うば うも 境きょう を奪わず。有る時は境を奪うも人を奪わず。有る時は 人にん 境きょう 両ふたつ ながら倶 とも に奪う。有る時は人境倶に奪わず」と。大 だい 衆しゅ を召 して云く、「め 若 しも四 句し のく下 語あ をご作 さば、な 又 ...

    ADEAC(アデアック):デジタルアーカイブシステム

    穗子名某亭之主人也、参政之暇、退憇于亭、時明 月懸天、皎々瑩々、心清慮澄、於是仰思晦明之義、 克察出入之度、乃知升降之變、預測盈虧之時、遠 詳古今之䡄、深究隂陽之故、觀之于天、質之于物、 皆求於我方寸之中、以省于我本然之靈、則其鑑 少欲觀滄海下取珊瑚枝穹龜負𤣥文靈鰌揚朱鬐盪舟不能往寶氣時 紛披 ... 方滿塍既欣穉禾發復愛嘉木榮伏臘獻酒食報賽歲事成告僕緩爾私先可輸王征初日照我池我池水波 ... 誰家林麓近溪灣高樹扶踈 ...

    Kanripo 漢籍リポジトリ : KR4j0074 御選歷代詩餘-清-聖祖玄燁

    KR4j0074 御選歷代詩餘-清-聖祖玄燁 (master) 其の地に宮居を興して同棲し給へり此の時雲の立ち騰るを 見そなわして尊の詠み給へる歌 八雲起つ出雲八重垣妻ごみに八重垣作る其の八重垣を この三十一文字の御歌はわが國和歌の祖とも祖と称へて 古今和歌集の序にも「この歌天地の開け始まりける時より

    Kanripo 漢籍リポジトリ : KR4f0005 御製詩集-清-高宗弘曆

    [262-1a] 欽定四庫全書 御製詩三集巻九十九 古今體一百三十七首 辛夘七/ 六月朔日作 璿璣臨鶉火玉階来温風昨夜陣雨驟望霽迫憂忡清 曉黒雲散卓午朱日烘月朔更庚首 是日值/初伏 快晴誠利 農炎熱正所當時燠蒸黍芃所慮氣潤溽易致雲生濃 展轉不免愁無非縁田功 [262-1b] 西直門外作 趂爽輕輿詰旦行碧天 ... 缾輕挂兩朝船吟焚篆籀香初嫋老擁雲霞衲已穿 昨夜西凉山下月為師懐想幾悽然 壽陽城南望寫懐歴陽故友 楚山重疊矗淮濆堪與王維立畫勲白鳥一行天在水 緑蕪千陣野平雲孤崖佛閣晴先見極浦漁舟曉未分 [003-15b] 吟罷騷然略廽首歴陽詩社久離羣 秋懐 霏霏煙露 ...

    大唐眾經音義 ::: 眾經音義 ::: 一切經音義

    梵言 [註: 梵文爲 kusumamālā ,音譯爲‘俱蘇摩摩羅’。 ] 俱蘇摩,此譯云華;摩羅,此譯云鬘,音蠻。 案西國結鬘師多用蘇摩那華行列結之, 以爲條貫, 無問男女貴賤, 皆此莊嚴, 或首或身, 以爲飾好, 則諸經中有‘華鬘’、‘市天鬘’、‘寶鬘’等同其事也。 山壑氣相合 旦暮生秋隂 松門韻虚籟 錚若鳴瑶琴 舉目羣狀動 傾耳百慮沉 按部既優遊 時此振衣襟 泓澄冷泉色 寫我清曠心

    擊壤集 卷十二_擊壤集 卷十二《擊壤集》图文对照在线阅读

    [012-1a] 欽定四庫全書 擊壤集巻十二 宋 邵雍 撰 心耳吟 意亦心所至言須耳所聞誰云天地外别有好乾坤 人鬼吟 既不能事人又焉能事鬼人鬼雖不同其理何嘗異 夢中吟 夢裏常言夢誰知覺後思不知今亦夢更説夢中時 [012-1b] 日中吟 日中為噬嗑交易是尋常彼各不相識何復更思量 月到梧桐上吟 月到梧桐上風來 ... 㝱 寐中神游〾說文云寐而有覺周禮以日月星辰占六㝱之吉凶一曰正㝱無所感動平安自㝱二曰愕㝱驚愕而㝱三曰思㝱覺時所思念之而㝱四曰寤㝱覺時所道之而㝱五曰喜㝱喜恱而㝱六曰懼㝱恐懼而㝱亦作夢 莫鳳切 五 夢 上同又亡中切 瞢 雲瞢澤在南郡亦作夢 鄸 邑名在曹 䠢 䠢?

    Kanripo 漢籍リポジトリ : KR4d0278 石屏詩集-宋-戴復古

    [003-1a] 石屏詩集卷第三 歳旦族黨㑹拜 衣冠拜元日樽爼對芳辰上下二百位尊卑五世 人排門喬木古照水早梅春寒事将消歇風光又 一新 寄節齋陳叔方寺丞 今時古君子玉立衆人間再世黄叔度三生元魯 山把麾渾細事憂國欲愁顔恨不頻相見空書謾 徃還 [003-1b] 姪孫子淵新居落成二首 結屋鄰蒼 一作/滄 海開門 ... R澄 rす rみきった天心に、 R皎々 rこうこう rたる R銀盤 rぎんばん rが一つ、ぽかッと R浮 rうか rび、 R水波渺茫 rすいはびょうぼう rと R霞 rかす rんでいる R辺 rあた rりから、すぐ眼の前までの一帯の海が、限りない R縮緬 rちりめん r R皺 rじわ rをよせ、洋上 ...

    【勝手に】感じで漢詩【解釈】3

    日暮れ時 美しい玉簾を巻き上げれば 雨に煙る西山が眺められたことだろう ふんわり空に浮かぶ雲 静かな水面に映る景色 繰り返される穏やかな日々 そして 全ては移り変わり 時は流れて もはや何度目の秋だろう ここに遊ん ... 或見菩薩轉法輪時 。 或見菩薩 為諸眾生捨於壽命 。 欲入無餘涅槃之時 。 或 見菩薩般涅槃後 。 正法住世像法住世 。 久近 多少延促之時 。 阿難 。 我如是見東方佛剎恒 河沙等諸佛成道 。 及滅度後 。 正 ...

    SAT DB - 東京大学

    蕭 時作下灘聲 隔林鐘梵自相聞。煙樹蒼蒼蔽遠村。歡喜 光中塵不到。封疆把斷別乾坤 碧池塘畔搆新閣。翠竹叢中占淡齋。沙鳥烟 雲忘爾汝。千峯奔放入簷低 晩自蓮花峯寺歸河東 碧雲回合出西岫。家在河東嵐靄層。孤坐轎 中無一事。 」と、或時(あるとき)は目を瞋(いからかし)て云ひをどし、或時は又顔を低(たれ)て云恨(いひうらみ)ける程(ほど)に、侍従(じじゆうの)局(つぼね)もはや持(もて)あつかいて、さらば師直に此(この)女房の湯より上(あがつ)て、只顔(ただがほ)ならんを見せて ...

    能福寺(宝積山 能福護国密寺) - 神社仏閣御朱印地図

    能福寺(のうふくじ)は、兵庫県神戸市兵庫区にある天台宗の仏教寺院である。山号は宝積山(ほうしゃくざん)。本尊は秘仏・薬師如来。 寺伝では805年(延暦24年)に最澄(伝教大師)により能福護国密寺として創建されたとされており、日本最初の密教教化霊場と称する。 此页面最后编辑于2016年10月16日 (星期日) 00:33。 本站的全部文字在知识共享 署名-相同方式共享 3.0协议之条款下提供,附加条款亦可能应用。 (请参阅使用条款) 在部份国家和地区,包括中国大陆、澳门和台湾,作者精神权(含署名权)永久有效(详情)。 Wikisource®和维基文库标志是维基媒体基 ... 林和靖集 宋.林逋 総目 第一卷 五言古詩四首 五言律詩八十二首 第二卷 七言律詩七十首 第三卷 七言律詩六十一首 第四卷 五言絶句五首 七言絶句七十八首 詩餘三首 【臣】等謹案和靖詩集四卷宋林逋撰逋字君復錢塘人...

    倪雲林先生詩集 5_倪雲林先生詩集 5《倪雲林先生詩集》图文对照在线阅读

    [005-1a] 雲林先生詩集卷之五 荆溪蹇 㬢 朝陽編集 五言絶句 題臨水蘭 蘭生幽谷中倒影還自照無人作妍㬉春風發㣲咲 二月廿二日潘子素王𠦑明来慰藉臨别為寫 水傍𣗳林圖并題 積雨開新霽汀洲生緑薲臨流望逺岫歸思忽如雲 題𦘕與 ... 国学迷 內家拳法一卷 病榻遺言二卷 雲林樂府一卷 唐宋元明清五朝詩别裁十八卷 論語異文集證十卷 地理學略說筆記一卷 白石山房逸稾二卷 三垣筆記三卷補遺三卷附識三卷附識補遺一卷 盧仝詩集(玉川子詩集)二卷集外詩一卷 包待制三勘蝴蝶夢一卷 康南海自編年譜不分卷 達齋春秋論一卷 卷首一 ...

    三時知恩寺(入江御所) - 神社仏閣御朱印地図

    三時知恩寺(さんじちおんじ)は、京都市上京区にある浄土宗の寺院(尼寺)。門跡寺院。本尊は阿弥陀如来。 応永年間(1394年 - 1428年)北朝4代後光厳天皇の皇女見子内親王が北朝3代崇光天皇の御所で一条西洞院にあった入江殿を寺に改めたのに始まる。 [001-1a] 欽定四庫全書 藝文類聚卷一 唐 歐陽詢 撰 天部上 天/星 日/雲 月/風 天 周易曰大哉乾元萬物資始乃統天雲行雨施品物流 形大明終始六位時成時乗六龍以御天乾道變化各 正性命又曰立天之道曰隂與陽又曰天行徤 尚書曰乃命羲和欽若昊天又曰皇天震怒命我 ... 伏 匿藏也伺也隱也 歷也釋名 歷忌釋 曰伏者何金氣伏藏之日金畏火故三伏皆庚日又姓出平昌本自伏犧之後漢有伏勝文帝蒲輪徵不至 房六切 三十三 復 返也重也亦州名古音陵縣春秋時屬楚秦屬南郡隋爲江陽郡武德初爲復州 虙 古虙犠字說文云虎皃又姓虙子賤是也 ...

    氷川台氷川神社(大氷川) - 神社仏閣御朱印地図

    16時というギリギリの時間でしたが、書いて頂けて良かったです(^^)ちょっと道 豊玉 氷川神社 練馬区 環七沿いに位置する 豊玉 氷川神社 「旧拝殿」「力石」「神輿」は練馬区文化日は梅の花が咲いていましたそして参拝後 御朱印 を頂きましたではまた、お会い致しましょう豊玉氷川神社 03 0382 丹比国人國見為築羽乃山矣冬木成時敷時跡不見而徃者益而戀石見雪消為山道尚矣名積叙吾来煎 03 0383 丹比国人築羽根矣・耳見乍有金手雪消乃道矣名積来有鴨 03 0384 山部赤人吾屋戸尓韓藍種生之雖干不懲而亦毛将蒔登曽念 脈象來時急疾而去時徐緩,這是由於上部實而下部虛,氣逆於上,多好發為癲僕一類的疾病。 脈象來時徐緩而去時急疾,這是由於上部虛而下部實,多好發為癘風之病。 患這種病的原因,是因為陽氣虛而失去捍衛的功能,所以才感受邪氣而發病。

    Kanripo 漢籍リポジトリ : KR4c0069 白氏長慶集-唐-白居易

    [066-1a] 白氏文集卷第六十六 律詩 凡一百首 從同州刺史改授太子少傅分司 承華東署三分務履道西池七過春歌酒 優遊聊卒歲園林蕭灑可終身留侯爵秩 誠虚貴䟽受生涯未苦貧月俸百千官二 品朝廷雇我作閑人 奉和裴令公新成午橋㽵緑野堂即 事 [066-1b] 舊逕開桃李新池鑿鳳凰只添丞相閤不 改午橋㽵遠處 ... 止める、止む、終わる、「【歸去來辭】羨萬物之得時,感吾生之行休」 (再び活動するための力を蓄えるために)寛(くつろ)ぐ、睡眠をとる 良いこと、めでたいこと、喜(よろこ)ばしいこと、「良き働きに対して報(むく)われるべきもの」の意 勇 猛也說文作勈气也 余隴切 十五 恿 古文 涌 涌泉說文曰滕也一曰涌水在楚國 甬 草花欲發皃亦甬道周禮云舞上謂之甬甬 鍾 鐘 柄也 踊 跳也又踊刖者以之接足晏子曰踊貴屨賤 慂 方言云慫 涌歡 慂勸 也 𧻹 說文曰喪躃? 也經典作踊同 塎 埫塎不安 悀 心喜也又出也 埇 地名在淮泗 溶 水皃又音容 蛹 蠶 ...

    修験道十八箇條警策 年欠 杉山・杉山貞夫家文書 8: 嵐山町の古文書を読む会

    修験道十八箇條警策一於修験行学二事縦雖不堪其器昼夜 無退転致慇懃之志現身必可遂 願望一入峯昇進興法利之外可絶諸希望 唯以悉地成就二利円満可為所詮一於朝暮勤行之時非病患公務住 私情不可懈怠就中読経之時特可 思惟観文之義理佛神依法楽増威 光人間依冥助達玄道一四威儀無怠繋心於佛 ... 佛祖降生時,皇宮御苑中出現了八種瑞相,其中最主要的一種瑞相,便是池中突然長出大如車輪的白蓮花。佛祖降生時,在他的舌根上放射出千道金光,每一 道金光化作一朵千葉白蓮,每朵蓮花之中坐著一位盤足交叉,足心向上的小菩薩。 §蓮心悲願§ 跳到主文. 用禪修的正念來安住自己,疑惑生起時,觀照他們的來去,不執著任何事物。 部落格全站分類:不設分類



    修験道十八箇條警策一於修験行学二事縦雖不堪其器昼夜 無退転致慇懃之志現身必可遂 願望一入峯昇進興法利之外可絶諸希望 唯以悉地成就二利円満可為所詮一於朝暮勤行之時非病患公務住 私情不可懈怠就中読経之時特可 思惟観文之義理佛神依法楽増威 光人間依冥助達玄道一四威儀無怠繋心於佛 . 土 ドラ フジ テレビ. Back(2012.9.18 up). 石井梧岡 【弘化4年7月27日(1847)-明治37年5月29(1904)】 名を彭、字を鏗期、希腎、通称は栄三、梧岡は号である。父は石井隆庵といひ、西洋医学黎明期の医制改革にも関った尾張藩医の家柄。 [066-1a] 白氏文集卷第六十六 律詩 凡一百首 從同州刺史改授太子少傅分司 承華東署三分務履道西池七過春歌酒 優遊聊卒歲園林蕭灑可終身留侯爵秩 誠虚貴䟽受生涯未苦貧月俸百千官二 品朝廷雇我作閑人 奉和裴令公新成午橋㽵緑野堂即 事 [066-1b] 舊逕開桃李新池鑿鳳凰只添丞相閤不 改午橋㽵遠處 . 16時というギリギリの時間でしたが、書いて頂けて良かったです(^^)ちょっと道 豊玉 氷川神社 練馬区 環七沿いに位置する 豊玉 氷川神社 「旧拝殿」「力石」「神輿」は練馬区文化日は梅の花が咲いていましたそして参拝後 御朱印 を頂きましたではまた、お会い致しましょう豊玉氷川神社 三時知恩寺(さんじちおんじ)は、京都市上京区にある浄土宗の寺院(尼寺)。門跡寺院。本尊は阿弥陀如来。 応永年間(1394年 - 1428年)北朝4代後光厳天皇の皇女見子内親王が北朝3代崇光天皇の御所で一条西洞院にあった入江殿を寺に改めたのに始まる。 能福寺(のうふくじ)は、兵庫県神戸市兵庫区にある天台宗の仏教寺院である。山号は宝積山(ほうしゃくざん)。本尊は秘仏・薬師如来。 寺伝では805年(延暦24年)に最澄(伝教大師)により能福護国密寺として創建されたとされており、日本最初の密教教化霊場と称する。 愛庛 ケーブル テレビ インターポット. に帰るまでに、自分もお宮参りの時からお世話になっている「片埜神社」へ。 子供達も皆ココでお宮参りしているので「ただいまー」とご挨拶。 初めて、片埜神社に御朱印があると知り頂く 大阪城の鬼門に当たる場所に作られたからこ カップル マッサージ 安い 東京. 専修寺は栃木県真岡市高田1482の真宗高田派寺院。 1225年(嘉禄元)に親鸞上人53歳の時、真岡城主大内氏の懇請により建立された。親鸞上人が創建した唯一の寺で、浄土真宗発祥の根本大道場として知られる。 橋本 哳也 ab マトヺッタス. [262-1a] 欽定四庫全書 御製詩三集巻九十九 古今體一百三十七首 辛夘七/ 六月朔日作 璿璣臨鶉火玉階来温風昨夜陣雨驟望霽迫憂忡清 曉黒雲散卓午朱日烘月朔更庚首 是日值/初伏 快晴誠利 農炎熱正所當時燠蒸黍芃所慮氣潤溽易致雲生濃 展轉不免愁無非縁田功 [262-1b] 西直門外作 趂爽輕輿詰旦行碧天 . 蕭 時作下灘聲 隔林鐘梵自相聞。煙樹蒼蒼蔽遠村。歡喜 光中塵不到。封疆把斷別乾坤 碧池塘畔搆新閣。翠竹叢中占淡齋。沙鳥烟 雲忘爾汝。千峯奔放入簷低 晩自蓮花峯寺歸河東 碧雲回合出西岫。家在河東嵐靄層。孤坐轎 中無一事。 靈武台沿東北一帶古城遺址修築年代不詳,( 疑為義渠戍國時所築) 大部分遺址完好。另外在西灘有三段長約二百米城牆體存在。 據考證, 畜牧局北邊一小段為隋唐代所築,南邊兩段為宋元時所築。

    349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379